Kissa Life

ティッキ、ピルク、ヨキの3にゃんずと暮らす日々

猫のトイレ事情

お食事中に読まれてたらすみません。

猫のトイレの話です。

 

 

猫の飼い方の本を見ると、トイレはあーしろこーしろとあります。

 

大概、頭数+1個置くようにとあるので、我が家も4ヶ所用意してあります。

しかし、ここに来るまでいろいろありました。

f:id:kissaneko:20161218001159j:plain

 

せっかくこちらが均等にと思ってリビング、キッチンに近いケージの中、寝室とトイレを分けて置いといても、寝室のは全然使わない。

寝ている間は私の近くにいるのに、トイレはわざわざリビングに行っていたんですね。

仕方なく寝室のはキッチンに移したところ、そこではよく使うようになりました。

 

何が気に入らなかったのか…。

 

真ん中のピルクなんか、トイレそのものを使いません

 いや、最初はちゃんと覚えたんですけど去年の夏、突如としてトイレ以外のところでするようになりまして。

 

オシッコは布団の上、大きい方はバスタブの中です。

 

散々悩んだ結果、もしかしたら猫砂が嫌なのかも?と思い

一般的トイレの中にペットシーツのみを敷いたものを用意したら

オシッコはそこでしてくれるようになりました。

 

大きい方は相変わらずバスタブか、たまーに猫トイレで。

 

ということで4個目はバスタブの中に置いてます(笑)

オシッコもそのバスタブの中にあるペットシーツのみのトイレでするわけです。

大きい方は直にされますが、まあ洗えるところだから…良しとしています。

 

それでもしたくなるとどこのトイレでするか、ウロウロと選びやがるんですこいつら。

 こっちかな、そっちかなと行き来するのが滑稽です。

 

特にピルクは

「ふんんんんんんん」

とか声を上げ出すので

あんたウ〇チでしょ…とわかります。

で、トイレをウロウロするけど結局バスタブに行ったりするわけです。

 

 

始末の仕方も個性あり。

 

ティッキはしたあとトイレのフチや近くの棚をカシカシとかきます。

オカンがすぐに片付けてくれることがわかってるから、

あたしが砂掛けなくてもやってくれるでしょアピール。

 

ピルクはとにかく雑。

バスタブでするときは元々砂がないのでカシカシとかく音だけがしますが、

猫トイレを使うとお前わざとか!と思うくらい砂を外へかき出します。

スコップまで巻き込んでかき混ぜます。

だから早めにやめさせる。

そして片付ける。

 

ヨキは…すごーく丁寧に砂をかくのです。

自分がしたところをクンクン嗅ぎながら、しっかり隠れるように砂を山盛りにする。

ヨキがしたあとのトイレはこんなです。

f:id:kissaneko:20161218001308j:plain

 

トイレの端から砂をかき集めて、きれいに隠します。

しかもトイレの外には飛び散らないようにします。

 

教えたわけではないのに(まぁ教えようもないですが)どうして覚えたんでしょ。

性格なんでしょうね。

 

よく布団の上でされないようにとガーデニングの猫よけを布団の上に敷いている人もいますが、それは寝る側にとっては気持ちよくないですよね。

だから猫がしたくなるトイレはどんなのだ?と考えた結果、我が家ではペットシーツのみのトイレに到ったわけです。

あと、私のベッドは折りたためるので起きたら必ずたたんでおくようにしました。

立てかけてあるものでは絶対しません。

よく座布団の上でチッコしていたヨキも、寝るときに座布団を立てかけておいたらしなくなりました。

 

ということで、猫の気持ちは思うように行かないものです。

でもトイレ以外のところでしてしまうのは何か理由があるはず。

それはオカンである私が考えて対処するしかありません。

しかったところで、ヤツらには通じないのですから。

保存